×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'04 Diary



一覧へ

目次

へら釣り日誌
Hera Fishing Diary
11月7日(日) 相模川六つ倉池

天候データ
天気:晴れ あったか 風:弱 水温:未測定

気がつけば1ヶ月以上全く釣りに行っていない。 というのは、それもこれも全部あの台風達のせい。 いったい10月だけで何個上陸したんだろう? おかげでこの釣り場もすっかり水没してしまい、 竿を出す足場もありゃしない…
なーんてグチも今日で終り。 ついにあれが完成して、 それであれを購入しちゃったのですよ。

部屋の中が漆臭くて… これで下手だともう恥ずかしい

完成したのは左の竿掛け。
釣具屋さんで矢竹を買って、漆を塗って、模様を入れて、研ぎだして。 そんでもって籐を巻いて、ウレタン塗って、磨き上げて…
それでようやく完成。実に丸2年かかりました。 いや、まじめにやれば1ヶ月ぐらいで出来るんですけどね(^^ゞ

で、竿掛けができたので、万力(手元のこげ茶のやつ)を購入。 さらに我々の場合は野釣りが中心なんで、 アルミ製のコンパクトへら台も購入。 これでもう多少足場が悪い所だって問題なし。
どうよ、なんかへら師っぽくなーい?

釣り方 15尺 バランスの底 両ダンゴ
道糸 0.8号
上針 バラサ4号 ハリス0.3号 30cm
下針 バラサ4号 ハリス0.3号 40cm
ウキ 北斗 底釣り用 細パイプ 14号

ダンゴ 底力 1 + 水 1 + 新B 山盛り1

先に言い訳ですが、正直なところへら台のセッティングにすっかりうかれちゃって、 仕掛けとかタナ取りとかがかなりいい加減。
エサは新たに購入した「底力」のパッケージ裏に書いてあった配合を参考にしたもの。

さて、ここのところの台風のせいで釣り場には若干の濁りが残っていて、 おかげでかえって魚の活性は高い様子。 まわりでは結構いいペースで竿が曲がる。
我々もエサを投入してみると、すぐさまウキが動き出す。 そして3投目だか4投目だか、なじみから2、3目上がった所で半目ほどチクッと入る。 あわせを入れると気持ちのいい重量感。が、油断してたら外れた…

この装備でこの釣果(T-T)
やっとこさ
でもまぁこの調子で行けばそこそこ釣れそうだ、と思ったんだけど、 どうもカラツンだったり、のっても外れたり切れたり。 どういうわけか一向に魚を手にできない。 そうなると必ずタナを深くずらしはじめて、 そのうちどこが底かも分かんなくなる。 どツボにはまる悪いパターン。
分かんなくなったらもう一度タナを取り直せばいいのに、 分かっちゃいるけど釣りしてる最中にはそれができないんだよなぁ。

今になって思うと、やたら外れたり切れたりしてたのは全部スレだったんじゃなかろうか? 恐らく実はえらいずらしすぎてたのかも。
考えてみれば上針トントンでタナをとってるんだから、その時点で下針は10cmも這ってる。 だから基本的にはそれ以上タナをいじる必要はなくて、 タナに疑問を感じたらタナ取りからやり直すべきなんだな。

なんてことで、今日はへら台デビューでいっぱいいっぱい。 まわりの好調とは裏腹に、かろうじてミニサイズを3枚ぐらい釣っただろうか?
それに引き換え、相方は好調だった。 なんかへらでは普通にいつも負けてる気が…

本日の釣果

13時〜17時  15尺 バランスの底  両ダンゴ  …  3枚?

今度はちゃんとタナ取りしよう。それに尽きる…


K&T Original