×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'04 Diary



一覧へ

目次

へら釣り日誌
Hera Fishing Diary
12月26日(日) 相模川六つ倉池

天候データ
天気:曇り 風:無 気温:13℃ぐらい 水温:15℃

久々に六つ倉池へ。 と言っても実は23日にも来ていたりする。 でも竿掛けを忘れて釣りができなかった…

この日はえらく道がすいていて、家から1時間少々で来れた。 距離的にはそんなに遠くないんだから、いつもこれぐらいで来れたらいいのに…
ついでに釣り場もえらくすいていて、いつものポイントにすんなり入れた。 今日はなんだか無駄がない。

釣り方 12尺 バランスの底 グルテンセット
道糸 0.8号
上針 改良スレ5号 ハリス0.4号 35cm
下針 改良スレ3号 ハリス0.4号 40cm
ウキ 北斗 底釣り用 細パイプ 14号

バラケ へらスイミー 1 + 新B 1 + マッハ 2.5 + 水 1
食わせ いもグル 1 + α21 1 + 水 2

実は、12月のはじめぐらいに2度ほど等々力FCに行っていて、 今日の仕掛けはそのときのもの。 ここの場合は水深がやや浅いので、もうちょっと小さいウキでもいいんだけど、 水温は高めなので結果的にはこれで良かったみたい。 エサをすばやくタナまで沈めてくれるので、 魚がうわずる事なく終始安定していたように思う。

それと、バラケの作り方をちょっと変えてみた。 いつもならまずへらスイミーを水でどろどろにといてからその他のエサをブレンドする。 へらスイミーは吸水性が高いので、 こうして先に十分に水を吸わせておけば状態が安定するんだけど、 どうも粘りが強くなって針残りし易くなってしまっている気もする。 なので今回はエサを先にブレンドしてから最後に水を加えてみた。 なんとなくバラケの抜けが良くなっていいあたりが出易くなったような…

とまぁそんな工夫が功を奏したのか、 エサ打ちをはじめてまもなく1枚目をあげ、 その後もまずまずのテンポで魚が上がる。
思いがけずウキの動きが良いので、 たまに両グルにしたりして、 とにかく魚をあまり寄せすぎずに底に落ち着かせる事を意識した。
なんかちょっとうまくなったのかも?

本日の釣果

13時半〜16時半  12尺 バランスの底  グルテンセット  …  4枚(+マブ2枚)

へら釣りで初めて成長の兆しを感じた一日。 先月アホみたいに釣りに行きまくったかいがあったか?


K&T Original