×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'05 Diary



一覧へ

目次

へら釣り日誌
Hera Fishing Diary
5月28日(土) 相模川六つ倉池

天候データ
天気:晴れ 風:無 気温:トレーナー1枚でOK 水温:18℃

バス釣りの方はGWの香川遠征でかなりすっきりしたんだけど、 へら釣りの方はどうもしっくり来ない。 裏磐梯のいい時期が来る前に、へら釣りの方にけりをつけたいところ。 いつもの相模川へ向かう。

ちょっとディーラーに用があったので、 釣り場に着いたのは14時半頃。 いつものエリアは大賑わいだったんだけど、 下流寄りのテトラ脇が空いていたのでそこに入る。

釣り方 12尺 バランスの底 両ダンゴ
道糸 0.8号
上針 改良スレ5号 ハリス0.4号 30cm
下針 改良スレ4号 ハリス0.4号 38cm
ウキ 峰月 オールマイティ 中パイプ 12号

ダンゴ へらスイミー 2 + 新B 1 + マッハ 1 + 水 1

火曜日ぐらいに降ったものすごい夕立のせいか、 30cmぐらい増水していて濁り気味。 へら釣りとしては良さそうな感じ。 2、3投するとさわりが出だし、鋭い食い上げが出て早くも1枚目をゲット。 今日は楽勝か?

しかしその食い上げ以降、まともなあたりが一向に出ない。 何となくもやもやした感じが続いて、 そのまま何となくエサ落ちを迎えてしまう。 なんでだろう?

食わせ いもぷに 1 + 水 1

両ダンゴから吸い込みのいいグルテンのセットに変えてみる。 そうすると多少はよくなったような、そうでもないような? 良くわからんなぁと思いながらエサを切ったら魚がのっていた。 ますます分からん。

しかしよくよく思い起こしてみると、 魚の吸い込みが強いだろうと思ってわざわざトップの太いウキにしてたわけだから、 吸い込みが弱いんだったトップの細いウキに戻せばいいんじゃないのか? ってことで、ウキを北斗の14号に変えてみる。 今まで釣りの途中でウキを変えた ことってないからちょっとドキドキ。
しかしこれが良かったっぽい。 狙ったとおり鋭いあたりが出だす。 が、悲しいかなほぼカラツン。 エサをやわらかくしてみてもダメだし、 はわせを増やすと今度はことごとくスレだし…
カラツンの中からたまにまぐれでのるって感じがひたすら続いて一日が終了。 ますますすっきりしないよ!

本日の釣果

15時〜16時  12尺 バランスの底  両ダンゴ  …  1枚
16時〜18時半  12尺 バランスの底  グルテンセット  …  4枚

日暮れ間近になって誰も釣り人がいなくなったので、 試しにちょっとコトカスミディアム(ミノーポッパー)投げてみたら 20cm強のハスがつれました。 その他にも頻繁にあたりがあって、外道狙いも結構楽しめました。


K&T Original