×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'05 Diary



一覧へ

目次

へら釣り日誌
Hera Fishing Diary
11月27日(日) 相模川六つ倉池

天候データ
天気:晴れ 風:弱 気温:17℃ 水温:18℃

昨日につづき今日も六つ倉へ。へら釣りはやりだすと止まらない…
この日は夕方にちょっと用事があったので、いつもよりやや早めにスタート。 昨日と比べるとずいぶん釣り人が多かったんだけど、 いつもの場所にちょうど並んで入れるスペースが空いてました。

右から順に細パイプ、中パイプ、
左端が今回購入した太パイプ
釣り方 12尺 浅ダナ 両グルテン
道糸 0.8号
上針 バラサ5号 ハリス0.3号 40cm
下針 バラサ5号 ハリス0.3号 50cm
ウキ 北斗 浅ダナ用 太パイプ 4号

グルテン 新べらグルテン 1 + 新べらグルテン底 1 + 水 1.5

今日は釣り方も仕掛けも一新してみました。
初めて両グルテンの宙釣りにチャレンジ。
ダンゴだと魚のさわりが強すぎてあたりが絞れないんで、グルテンだとどうかなと。 ダンゴより軽い分、かえってジャミの餌食になって釣りにならないかもしれませんが、 あわよくば新ベラの良いのが狙えるかも…

ついでに針も一回り大きくしてみました。
両ダンゴや両グルテンの釣りは、一つのエサで寄せと食わせの両方を担うわけだから、 食わせのためにエサを持たせるには、エサの粘りよりも針の大きさで持たせる方が良いのかなと。

さらにウキも新調しました。
この釣り場はどうも日当たりの関係でウキが見づらいんで、 思い切ってトップの太いウキを買ってみました。 トップが太いとその分あたりは出づらくなるかもしれませんが、 そもそもあたりが見えなきゃ始まらないかなと…

エサ付けに苦戦中!
さてこれで打ち始めると、こちらの狙い通りウキの動きは静か。 というか、静か過ぎ。
これではいかんとエサをとにかく軽く、やわらかく付けるようにしていったんだけど、 とにかくこのグルテンはボロボロしていて付けにくい。 何だか手返しも悪いし、やっと付けられたと思ったら振込みの途中で落ちちゃうし。 なのでグルテンを変えてみた。

グルテン 新べらグルテン 1 + アルファ21 1 + 水 2

アルファ21を入れるとまとまりが良くなって、かなり付けやすくなった。 これで手返しがよくなってくると、一つあることに気がついた。 相変わらずウキの動きは静かなんだけど、 ウキがなじみきる最後に半目ぐらい、ほんのちょっとだけ動く事があるみたい。
もしかしてこれがグルテンの宙釣りのあたりなのか? なんかそんなようなことを本で読んだことがあるような…

で、さっそくこの動きに絞って合わせていくと、 まぁポツポツだけどそこそこ釣れだした。 しかもなかなか型がイイ。
ウキが静か過ぎるのは少々さびしいけど、 テンポの速さとこの瞬間だけに集中する釣り方が、 これまでのへら釣りとは違ってかなりスリリングで楽しい。

なんか一つ大人になったような、今日はそんな感じです(謎)

本日の釣果

12時半〜15時半  12尺 浅ダナ  両グルテン  …  5枚

テンポが良くなった分、魚の寄りがよくなって、最後はちょっとスレが増えてきた。 これがうまくコントロールできたらかなりいい感じかも。 やっぱりへら釣りってとっても攻撃的な釣りなんだな。


K&T Original