×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'07 Diary



一覧へ

目次

へら釣り日誌
Hera Fishing Diary
5月20日(日) 相模川六つ倉池

天候データ
天気:晴れ 風:弱時々中 気温:25℃ 水温:18℃

気持ちのイイ季節がやってきた
免許の更新に出かけたその足で相模川へ。

時折強い風が吹き抜けることはあったものの、 水面は穏やかで釣り易い一日。
暖かくなってくると釣り人が各地にバラけるのか、 この釣り場は比較的空いてくる。 いつもの場所に並んで入れました。

釣り方 10尺 バランスの底 グルテンセット
道糸 0.8号
上針 バラサ5号 ハリス0.3号 35cm
下針 バラサ3号 ハリス0.3号 40cm
ウキ 北斗 底釣り用 細パイプ 14号

バラケ 底夏 1 + マッハ 3.5 + 水 1
グルテン 新べらグルテン 1 + α21 1 + 水 2

まずはオーソドックスなセッティングでスタート。 するといきなりいい感じの動きがあって、 私と相方にほぼ同タイミングでアタリ! が、私のはスレ
その後もずっといい動きが続くものの、ほとんどスレかカラツン。

ハタキの後で食いが浅いようで、軽いエサでふわふわさせるよりは 底にしっかり落ち着かせる方が良いのかもしれない。 最初はエサは変えずに這わせを大きくして対処しようとしたんだけど、 寄りはいいだけにやたらスレが多くなる。 どうにもならないのでエサ変更

ダンゴ 底夏 1 + 底冬 1 + マッハ 2 + 水 1.5

重めのエサで両ダンゴに。 これではじめるとウキの動きがだいぶ落ち着いて、 セットでやるよりもアタリが絞りやすい。
が、カラツン地獄は相変わらず。 エサを柔らかく練ってみたり、小さくつけてみたり。 一般的なカラツン対策は一通りやってみたつもりなんだけど、まるで効果なし。 魚はいっぱい居るんだけどなぁ…





本日の釣果
13時〜17時半  10尺 バランスの底  両ダンゴ  …  2枚

適度な濁りで良さそうだったんだけど、実は軽くターンオーバーしてたかも。
それにしても過去の日誌を振り返ってみても、やっぱりこの時期は私も周りも釣れていないみたい。 意外にウドンとかがいいのかな?


K&T Original