×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'07 Diary



一覧へ

目次

へら釣り日誌
Hera Fishing Diary
11月3日(土) 相模川六つ倉池(千代田下)

天候データ
天気:曇り→晴れ 風:無 気温:18℃ 水温:18.5℃

午前中の肌寒い鉛色の空から一転して好天に恵まれたこの日。 先週に続きまたまた相模川へ。

思いがけず暖か

先週は一つ上流のエリアに入りましたが、 今日は空きがあったのでいつものエリアに並んで入れました。 こちらの方がちょっと深いので楽しい。

釣り方 10尺 バランスの底 両グルテン
道糸 0.8号
上針 バラサ5号 ハリス0.3号 35cm
下針 バラサ5号 ハリス0.3号 40cm
ウキ 北斗 底釣り用 細パイプ 14号

グルテン 新べらグルテン 1 + α21 1 + 水 2

予定通り新べらの放流があったらしいとのこと。 そこで久々に長竿を振ろうかと思って、 実は15尺の浅ダナからはじめたんです。 ところが開始5投目ぐらい、 最初のアタリにあわせた時に仕掛けがスルリと抜けてしまいました(汗)
隣のおじさんが助けてくれて仕掛けを回収しようと試みたのですが、 そのまま魚とともにどこかへ…(涙)

なぜか今日はこれがよく釣れた
てんぷらで食べたらおいしそう?カマツカ
と言うわけで、結局先週と同じ釣り。
これではじめると、放流効果か魚の寄りは半端じゃない。 が、なじむ前の動き活発なだけで、先週のような早いアタリが出せません。

その一方で、助けてくれた隣のおじさんは、 私のやりたかった長竿の浅ダナ両グルで快調。 私も変えてみようかと何度も思いましたが、 どうも最初の事があって尻込みしてしまいました。

が、あまりにもなじみ前の動きが強すぎるので、 最初のエサがなくなったのを機にエサ換え。

グルテン いもグル 1 + α21 1 + 水 2.5
重めのエサで底に落ち着かせる作戦。 ところが、これだとなじんでからもサッパリ動かなくなってしまい全くダメ。 結局すぐに元の配合に戻しました。

今思えばハリスを詰めるのが良かったのかもしれませんが、 このときはそこまで頭が回らず、 エサ付けやハワセの調整でなんとかごまかす感じ。 終わってみれば自分としては まずまずの枚数が釣れあがったのですが、 なんかしっくり行かないまま終わってしまいました。

単純に魚が多ければ釣れるってもんでもない所が 他の釣りとは違う、へら釣り独特の面白いところです。





本日の釣果
13時〜17時  10尺 バランスの底  両グルテン  …  16枚

今日は水温低下の影響か底の地べらの動きはいまいちで、 日中は新べら狙いの浅ダナに軍配があったようです。 しかし3時過ぎぐらいからは逆に底釣りの方々の方がペースが良かったので、 周りの様子を見ながら狙い分けるといいですよ。


K&T Original