×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'08 Diary



一覧

目次

へら釣り日誌
Hera Fishing Diary

 12月23日(火) 相模川六つ倉池(千代田下)

天候データ
天気:晴れ 風:弱→中 気温:9℃ 水温:16℃

2日前の暖かさが異常だったとは言え、何でしょうこの気温差は!

なんかさびし〜

放流後でまた混みあってるかな?と思って今日は少し早めに来たんだけど、 この寒さではむしろガラガラ。
いつものエリアにすんなりエントリーです。

釣り方 10尺 浅ダナ ウドンセット
道糸 0.8号
上針 バラサ5号 ハリス0.3号 10cm
下針 オカメ3号 ハリス0.3号 30cm
ウキ かちどき 浅ダナ用 細パイプ 6号

ダンゴ 粒戦細粒 0.5 + 水 1 + GTS 2 + 冬バラ 2
ウドン ペレうどん

前回の底釣りで、落ち込みの途中にズドンと消し込んで釣れてしまったのが何回かあって、 なるほど宙もありなんだなと。 実際、宙で入れぐってた人もいたわけだし、 ここはひとつペレットの力を最大限に利用して 新べらのいいのを狙ってみようかと。

ところがどうも前日の雨で水質がややクリアに戻ってしまったようで、 開始しばらくは魚の寄り付く様子も全くなし。 少々不安になりかけたんだけど、 20投目ぐらいでようやく魚の姿が見え出し、 ウキが立ってエサ落ちを通過するあたりで「受け」が出るように… と思ったところでスコッと入って1枚目。 キモチイィ〜!

その後もなじみこみ途中の早いアタリにあわせていって、 あっという間に5枚目までヒット。 さっきまでの不安もどこへやらで、あぁ忙しい。

ところがところが、ちょっと沖目で水鳥がバタバタッとやった瞬間、 魚が一斉に散り散りに…
その後は全く寄ってこなくなってしまいました。 午前の部はここまで。

釣り方 12尺 浅ダナ ウドンセット
道糸 0.8号
上針 バラサ5号 ハリス0.3号 15cm
下針 オカメ3号 ハリス0.3号 30cm
ウキ 峰月 オールマイティ 中パイプ 11号

ダンゴ 粒戦細粒 0.5 + 水 1 + GTS 2 + マッハ 2
ウドン ペレうどん

さて午後の部。
やっぱり新べらは沖目狙いか?ということで12尺。 本当は15尺のつもりが持ってくるのを忘れてた…

ついでに、なじみこみのスピードが早くて アタリの出るタイミングについていけない感があったので、 スローダウン目的でハリスをちょっと長めに。 あと、寄らなきゃ話にならないのでダンゴにマッハ。

でもこの2つの変更はかえって悪かった。 落ち込み途中のハリスが張っていない状態でのサワリが多くなるので、 ウキに表れるのはただモヤモヤとしたはっきりしない動きばかり。 たまにあたっても全てスレ

ダンゴ 底夏 1 + マッハ 3 + 水 1

それでもなじみこみのスピードは自分のイメージにあっていたので、 ひとまずダンゴを底夏ベースのしっかりしたものに変えてみた。 すると余計な動きが減って、なじみ切る直前にスッ。
エサを変えてから立て続けに4枚ヒット。

これが功を奏したかに思えたんだけど、 なぜか今度はカラツン地獄。 この寒さの中、周りはみんな帰ってしまい、 相方さえも先に車に戻ってしまって釣り場には私一人。 何とかあと1枚とがんばってみたものの、この地獄からは抜け切れず。

まぁ新しい釣り方に挑戦できたので、釣り的には前回よりずっと楽しかったです。
…けど、ぐやじぃ〜!!!



本日の釣果
11時〜13時  10尺 浅ダナ  ウドンセット  …  5枚
14時〜16時半  12尺 浅ダナ  ウドンセット  …  4枚


今日分かったこといろいろ

周りはマブやちっこいのが多かったみたいなのですが、 私の方は型のいい新べらばかりでした。 釣り方自体はあっているようです。

例のペレうどんは、しっかり戻さないと浮いてしまうことが判明! (って言うかそりゃそうか?)
前回の底釣りの時、いくらタナを浅くしていってもエサ落ちより下の目盛りが出てくるので、 なんかおかしいなって思ってた疑問が今解明されました。良かった。

ここ最近ジャミが少ないと思っていたのに、今日は立派なオイカワがいっぱい釣れてしまいました(汗)
この猛攻をかわすには… なるほど、もしかしてトロロ!?


K&T Original