×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

へら釣り日誌

Hera Fishing Diary

8月23日(日) 相模川六つ倉池(千代田下)

このところの釣りでは、「いかに上ずりを抑えられるか」がキモ。 でも今日はそれを意識しすぎたかな…?

23日の天候データ
天気:曇り時々小雨 風:弱 気温:32℃ 水温:未計測

ここ最近まとまった雨が降っていないので、中流域の濁りがだいぶ強くなってました。 それでも他の釣り場と比べたらまだまだクリアな方なんだけど、 ここの魚にとってはあまりよくなかったのかも。


中流域も釣り人が増えてきた
釣り方11尺 浅ダナ トロロセット
道糸1号
上針バラサ7号  ハリス0.4号 7cm
下針とろ掛け3号 ハリス0.3号 15cm
ウキかちどき 浅ダナ両ダンゴ用 中パイプ 6号
 → かちどき Sシリーズ PCムク 5号


バラケ@特S 1 + 浅ダナ 1 + マッハ 2 + 水 1 + 冬のバラケ 1
バラケA特S 2 + マッハ 3 + 水 1
トロロヒゲトロ

上ずりを意識してバラケをまとめすぎたせいで、 出だしは魚の寄りがちょっとイマイチ。 アタリにも力強さがなくて、午前中は4枚しぼりだすのが精一杯。

バラケをゆるくしてしまうとなじみ幅が出ないので、 エサのタッチは変えず、エサ打ちのピッチを上げることで寄せの弱さをカバー。 これでようやくアタリが増えてきたんだけど、その大半はカラツン…

原因としては「バラケの持ちすぎ」「ハリスが長すぎ」とかが考えられるけど、 その割りにバラケに食ってきたりスレ掛りしたりとかがない。 これは単に食いが浅いだけなんじゃないかと考えて、 ウキをムクタイプの小さいものに変えてみました。 これは正解だったかも。

ただ、ウキが小さくなった分アタリの出方も明確で、 狙い通りカラツンも減ったんだけど、 当然エサをタナまで持たせるのがより難しくなってしまう。 ちょうどこの頃に周りの方々が帰りだしたこともあって、 魚が増えて結局また上ずりとの格闘に… 進歩なし(T-T)

本日の釣果
11時〜17時半11尺 浅ダナ トロロセット… 18枚

'09 Diary



一覧へ
目次