×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

へら釣り日誌

Hera Fishing Diary

7月17日(土)、19日(月) 相模川六つ倉池(千代田下)

夏日が続いた灼熱の海の日連休。 容赦なく吹き荒れる風にも負けずがんばってきました。

17日の天候データ
天気:晴れ 風:中→強 気温:32℃ 水温:20℃

連休初日はさすがの渋滞。 早めに家を出たものの、結局着いたのはお昼過ぎ。 でも今日もすんなりと桟橋にエントリー

釣り方9尺 浅ダナ トロロセット
道糸0.7号
上針バラサ6号 ハリス0.4号 10cm
下針トロ掛け5号 ハリス0.3号 26cm
ウキかちどき Sシリーズ PCムク 6号


バラケ粒戦 0.5 + 水 1 + GTS 2 + 段バラ 2
トロロ極上トロロ

ハリスが張ってトロロがぶら下がっちゃうと食ってくれないので、 ゆっくり馴染むムクトップで落ち込みから積極的に触らせようという狙い。 それに合わせてバラケも開きが速くて比重のある配合。 上からシャワーのように降ってきて、その中をトロロがゆっくり落ちてくるイメージ。 イメージはね…


夏、これぞ夏!

だけど今の状況はこれにマッチしてなかった。 去年の今頃ならバラケに食いついてくるぐらい活性があって魚が湧いてたんだけど、 今年はあえて上ずらせようとしても上ずらない。 活性が低いというか魚影が薄いというか、 なのでウキはすんなり入っちゃってそのまま沈没。 ムクトップの利点を生かせず…

このあとパイプトップに変えてみたりもしたんだけど、今日は風が強すぎて宙釣りは無理。 そこで夕方ちょっと底釣りを試してみました。 11尺で十分底が取れるかと思いき、ちょっと沖目は急に深くて全然だめ。 やむなく足元に落しこむいい加減な釣りでしたが、それでも結構いい感じでした。 ここでちゃんとやるなら13〜14尺が必要らしい。 買ってみようかなぁ?

本日の釣果
12時半〜15時9尺 浅ダナ トロロセット… 3枚
16時〜17時11尺 底釣り 両ダンゴ… 2枚



19日の天候データ
天気:晴れ 風:弱→中 気温:32℃ 水温:20℃

この日は道もすいてて早目のスタート。

釣り方9尺 浅ダナ トロロセット
道糸0.7号
上針バラサ6号 ハリス0.4号 10cm
下針トロ掛け5号 ハリス0.3号 26cm
ウキかちどき 浅ダナ両ダンゴ用 中パイプ 6号


バラケ粒戦 0.5 + 水 1 + GTS 2 + パワーX 2
トロロ極上トロロ

大エサで一気に開かせれば何とかならないかな?
というわけで、初めてパワーXを投入。 これが良かった…というよりは、単に午前中で活性が高かったというか、 短時間でまずまずのペース。 周りも良く釣れていて久々に桟橋に賑わいが

ウソ、ホワイトバランス間違えました
あまりの暑さにカメラもおかしくなりました

ここでどうしてもムクトップの釣りに未練があった私は 両ダンゴで再チャレンジしてみる事に。

釣り方11尺 天々 両ダンゴ
道糸0.7号
上針バラサ5号 ハリス0.3号 30→50cm
下針バラサ5号 ハリス0.3号 40→60cm
ウキかちどき Sシリーズ PCムク 6号
 → かちどき 浅ダナ両ダンゴ用 中パイプ 8号


ダンゴ@浅ダナ 2 + マッハ 2 + 水 1 + 軽麩 1
ダンゴA特S 2 + マッハ 2 + 水 1 + 軽麩 1

でもやっぱりダメでした…
ハリスを60cmまで伸ばしてみても、 ウキが入らないなんて今の六つ倉池ではありえません。 どんなにラフにつけてもすんなり沈没(T-T)

そんなわけですっぱり諦めて再びパイプトップ
なじみ際にちょっとさわりが出る程度にラフ付けすると、馴染んだ直後にツン! 天々で初めて納得のアタリが出せました。

しかし納得のアタリでもスレることがちょいちょいあって、 もうちょっと比重のある配合にしたらどうだろうというのが配合のA。 これがまたびっくりするぐらい全然ダメだったんだけど、 まぁ今日のところはこれぐらいで許してやろう。

天々のあのダイレクト感。桟橋に入れるうちに存分に楽しんどかなきゃ!

本日の釣果
9時半〜10時半9尺 浅ダナ トロロセット… 3枚
11時〜16時9尺 天々 両ダンゴ… 6枚

ダンゴに対して全然上ずってくる感じがないので、 短ハリスが基本のトロロの釣りは今の六つ倉にはあってないのかも。 ダンゴに対する魚の距離感を考えると、セットでやるなら角麩なのかなぁ?

なんとなく白い物に好反応を示す傾向があるようなので、 グルテンセットもありかも。 実際、浅ダナの両グルテンでいい釣りしてる方もいましたよ。 意外ですね。

'10 Diary



一覧へ
目次