×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'01 Report



一覧へ

目次

Fishing Report
釣行レポート
ライトワーミング宣言…河口湖(6月29,30日)

笑顔が絶えません!
楽しすぎてホント申し訳ない
河口湖のバス釣りと言ったら、皆さんどんなルアーを使います? グラブのノーシンカー?はたまたワッキーかダウンショットか… 実際河口湖のおかっぱりバサーの半分以上は この辺ではないでしょうか?

まぁ私自身もおおむねこの「半分以上のバサー」に含まれていまして、 やはり河口湖=ライトワーミングと言う意識がどうしても強くありました。 だから「ホントはこんなルアーが良いんじゃないかなぁ」 なんて思いつつ、でもなぜかダウンショットを投げ続けてる…

そこで今回は人の少ない時を狙って 自分の描いていた釣り方に思いっきりトライして、 根底にある固定概念を吹っ切ってこようと思いました。
さてさて、結果はご覧の通りです。

平日はパラダイス? その1

会社の釣り仲間である矢ヶ部さん、森島さんと 平日に休暇を取って河口湖に行こう!と言うことになりまして、 金曜日の朝8時ごろに八杭ワンドに集合しました。

やる気満々じゃないの!
そりゃそうでしょ。
私が着いた時にはすでに2人は釣りをはじめていて、 5時ごろから先入りしていたという矢ヶ部さんは、 Max30ぐらいですが、すでに10本近くあげているそうな。
なるほど水質、ウィードの状態とも良く、 岸際にはベイトが群がっていて雰囲気満点。

そこで脱ライトワーミング第1弾として、 ベビーペンシルをチョイス。 「ベビーシリーズ」ってとこがちょっと弱気ですが、 まだ河口湖ではトップで釣ったことがないし、 ベイトのサイズとかも考えると無難かな?

結局2回ぐらいバイトはあったんだけどサイズが小さいのかのらず、 その後ラトリンラップ4(これもちょっと弱気) を試したんだけど全くアタリ無し。 グラブのノーシンカーで攻める2人にも アタリがなくなったので移動することに。

この後得意の扇崎、桑崎とまわってそこそこ釣ることはできたんですが、 釣り方はやっぱりダウンショット。 全然脱ライトワーミングじゃない。 で、昼食後に入った産屋ヶ崎では 記念すべき初トップを達成したのですが、 これが20cmにも満たないマメバスのみ(涙)
平日と言うことでもっとバンバン釣れることを期待していたのですが、 この時点ではやや厳しい状況。 ここでちょっと大きく移動してみることにしました。

平日はパラダイス? その2

ここまでは足元から結構深い場所をメインにまわってきたのですが、 もしかしたらもう少し浅いところやったほうが良い のかなぁ?と言うことで、小海の富士ビュー前のワンドに入りました。

矢ヶ部さんビッグバスヒット!!
しかし痛恨のばらし
最初はワンド奥の海釣り公園風エリアから。 ここは水深せいぜい3m程度で、 大きなごろた石の間にぽつぽつとウィードのかたまりがある感じ。 いかにもライトワーミング向きな場所だと思うのでここはいつも通りに(笑)
この日は結構ベイトがまわってきていたようで、 かなり形の良い良型を連発することができました。 で、それならとばかりに今度は水中堤防の方へ。 ここは日頃から絶対クランクだと思っていたので、 ベビーシャッドのただ巻きで(なんかまだ弱い) でもこれも見事に2連続ヒット。
ここへ来てようやく平日パラダイスが炸裂してきた。

んー、どうもここ2週間ぐらいはまだまだ アフタースポーン真っ只中と言った感じが強かったのですが、 ここへ来て体型的にもかなり回復して来ている様子が伺える。
このポイントを選んだのもオイカワがたくさんいるんじゃないかと思ったからで、 実際たくさんいたし、良いバスがよく釣れた。 これまでは産卵場所に近そうなディープを考えてきたけど、 もう単純にベイト中心の考えに 切り替えて良いのかもしれない。

河口湖 新たな扉を開く!

そして最後にやってきたのは西湖放水路の左岸側。 流れ込みの大きなサンドバー前です。
ここ2週間はイマイチぴんとこなかったのですが、 ワカサギなどのベイトは文句無しで多いし、 これだけベイトを追ってるバスが増えていれば期待できるはずです。

まずはベビシャのただ巻きで。 すると結構ウィードが引っかかってくる。
この後確認の意味でいつものダウンショットで底を探ってみたのですが、 やっぱり確実にウィードが増えている。 状況は上向きだ!

引きは一番弱かったかも
大きいのは回復遅いね
この日は新しく購入したちょっとパワーのある スピニングロッドの試釣も兼ねていたので、 1/8ozラバージグに リングワームをセットしてキャスト。 まぁいわゆる流行のハンハンジグみたいなもんなんで、 これだって立派なライトワーミングなんですけど、 個人的にラバジ=野池のヘビーカバーと言うイメージがあって、 こういったオープンエリアでノーガードのフットボールジグを使う って言うのは、私としてはかなり画期的なのです。

で、これをずる引きしたり、ウィードの上をスイミングさせたり、 あるいはリフト&フォールで誘ったり。 まぁ何やってもことごとくうまく行く!
本日最大の40up(写真の通りこれはちょっとやせ気味だけど)をはじめ、 良型を連続ヒット。 アベレージ30中〜後半と言う河口湖としてはなかなかのサイズで計26本。
やっぱ平日は良いよ。

まとめ

翌土曜日は天気が悪かったんで、これは人が少なくて 逆にチャンスだなと思って午後だけ釣行してきました。
ポイントはやはり西湖放水路で、今回はいつも野池で使ってる M-Heavyのベイトタックルにキャリラバ(3/8oz) の組み合わせ。 これがものの見事に的中して、我ながら「ちょっとかっこいいなぁ」 なんて気分になるぐらい連発。

この西湖放水路脇の流れ込みのサンドバーまわりは、 日頃からここは絶対ライトリグなんかで 攻める場所じゃないよなぁと思っていたんですが、 なかなかトライ出来ずにいました。
ですが、思いきって試してみて、 それで実際爆釣しちゃうとなんだか急に前がぱっと開けたような気がして、 「あー、あそこでもこうやって見ればいいんだ」みたいに、 いろんなイメージがすごく膨らむんですよね。 前にも書きましたが、それぐらい私にとって この釣り方は画期的でした。

で、実際その場所で試してみるとそれがちゃんとうまく行って、 河口湖で身についたこのスキルは他の湖とかでも きっちり釣果につながるんですよね。
何かこの2年、河口湖のおかげでホントうまくなった気がする。 よし、来週はこのイメージを野池にぶつけるぞ!

目次に戻る


K&T Original