×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'01 Report



一覧へ

目次

Fishing Report
実釣レポート
新天地開拓の旅…南房総(GW前半)

おっ、フェリーターミナルがっ!
新しくなっているっ!!
久々の釣行レポート更新になりますが、 決して釣りに行ってなかったわけではないんですよ。 逆に、釣行が忙しすぎて更新どころではなかったのが本音。

で、GWに福島県の桧原湖に遠征する予定にしていたのですが、 どうも今状況があまりよくないと言うことだったので、 急遽予定を変更して千葉の野池巡りをしました。
ひとまずここで区切りをつけて、まとめてみました。

初日…まずは基準づくり(4月28日)

南房総へは短日で出かけることが多かったのですが、 今回は久々に2日間での釣行ということで、 ちょっと行動範囲を広げる意味で、 いつもの館山周辺より少し北の大原周辺、 地形図の御宿、国吉あたりを中心に巡ってみることにしました。
が、いきなり新しい場所に行っても今の時期の状況がわからないので、 初日はとりあえずいつもの館山周辺に行ってみました。

物陰からこんにちわ
おじゃまします
最初に行った池は通称「温泉」。 全体的に浅く、水面のほとんどがヒシモに覆われていて、 去年の6,7月頃にトップオンリーで大爆釣だった池です。
去年の感触では非常に魚影が濃く、平均サイズも抜群にいいので、 今の時期はいたるところにネストが見られるのでは…と期待してたのですが、 実際にはまったくなし。 やや減水気味でもあり、まだ時期尚早と言う感じでした。

続いて向かったのは通称「ダム池」。 そのまんまですが、リザーバータイプの池で、 これと言って特筆するものはないんですが、 比較的安定して釣れる所です。
ここではワンド状になったシャローの物陰や、 岩盤のちょっとしたでっぱりの上などに、 ネストを作ろうとしているバスの姿がちょくちょく見られました。 サイズは30弱と小ぶりですが、グラブのノーシンカーに何度でもバイトしてくる状態で、 それなりに楽しむことはできました。 中でも「サーモンピンク」カラー に明らかに反応が良いという印象を受けました。

こんなわけで、この時期としては当然と言うべきか、 どうやらサイトでの釣りが中心のようです。 バス自体が居るかどうかも分らない新たな池を探っていく条件としては ちょっと厳しそうです。

2日目…思いのほか難航

2日目は一気に北上して大原町あたりへ。 まずは地形図、上総長者の海岸沿いにひときわ目立つ大きな 3つの池からいよいよ久々の開拓開始。
ここでは結局バスを確認できず、すぐに西隣の国吉エリアへ。 国吉はぱっと見た感じ池の密度は房総地区の中でもおそらく一番。 かなりの期待を胸に、とにかくあちこち回る回る… 約20ヶ所!
が、ことごとくバスが居ない。このあたりでバスを放す人は居ないのだろうか?

続いて国吉から御宿エリアに南下。 こちらは国吉に比べるとリザーバーが多い。 なんで、とりあえず目立つところから手当たりしだいに回る。
が、今度はことごとく立ち入り禁止。 でもってそれがほとんど無視されている。 御宿ダムにいたってはちゃんとフェンスまでされてるのに…

まとめ

マイブームの予感
誰かまたくれないかなぁ
結局昼過ぎに雨が降り出したので、そこで開拓は終了。 ずいぶん回った割に、正直まんまり成果のない旅でした。 やっぱり淡路や岡山など、西日本の野池群に比べるとかなりおさびしい。 って、比べる時点で間違いか…
ですが釣果のほうではこんなおまけがありました。
最後にたどり着いた池で、人からいただいて以来長らく眠っていた 「C.Cプレデター」というルアーを試してみたのですが、 これが私のクランキングロッドとベストマッチング! やっぱ人気ルアーと言われるだけあるなぁ、 なんて感心していたら、30半ばのグッドなメスバスがヒットするおまけ付。 しばらくこのルアーにはまってしまいそうな予感です。
でもどこ行っても売ってないんですよね。困ったもんだ…

目次に戻る


K&T Original