×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'02 Report



一覧へ

目次

Fishing Report
釣行レポート
しばしの別れか、最後の琵琶湖釣行(たぶん)(12月23日)

この3連休、ちょっと用事があって京都に行ったついでに、 最終日の1日だけ琵琶湖に行ってきました。来年4月からは琵琶湖での外来魚の リリース禁止条例がいよいよスタートしてしまうと言う事で、 恐らくそうなってしまえば私が琵琶湖に行く事もなくなるでしょう。 今回の琵琶湖釣行が、果たして私にとっての生涯最後となってしまうのでしょうか…

あっ、ちなみに今回写真はありません。デジカメは持っていってたのですが、 万全の準備をと充電しておいたバッテリーを充電器ごと忘れてしまいました(T-T)

一路京都へ?

久々の遠征出発。しかも超久し振りの東名高速。 どれくらい久し振りかっていうと、6月の河口湖釣行以来だ。 ハンドルを握る手もやや汗ばむ…
一応連休なんで、渋滞を見込んで意気込んで早起きして出かけたんだけど、 行けども行けどもスカスカ。 何だけ拍子抜けだけど、すいているに越した事はない。 掛川あたりから激しく雨が降り出したものの、 それ以上は何事もなく、10時ぐらいには彦根へ。
本当は京都南ICで降りようかと思ってたんだけど、 なにやらこの先で事故があったらしいので、 適当なところで降りて琵琶湖大橋をわたり、 そのついでにちょっと雄琴港へ。
まぁたいがいな雨が降ってたんだけど、 この程度なら数人の釣りバカがいる事だろうと思ったんですが、 さすがに人っ子一人いませんでした。 誰かいたら私もバカの一員に加わろうと思ったのに。
数年ぶりの山中越えを通ってしぶしぶ京都へ…

久々ダチョウへ

雨が降ったのは初日だけで、昨日今日と非常にいい天気。 一目散に安曇川河口の通称ダチョウドックへ。 例年ならこりゃ結構な人出だろうけどなと思いながら着いてみると、 やっぱりバサーはほとんどいない。 琵琶湖人気もずいぶん落ちたもんだなぁ…
まぁ人が少なきゃこっちのもんだとばかりに常吉片手に飛び出したのですが、 湖岸に立ってみるとかなり減水していて底まで丸見え。 なんかここで粘ってもしょうがないなぁと言うのが一目瞭然。 とりあえずしばらく投げてみたんだけど案の定ギルのあたりすらなし。 待っていれば魚が回ってくるって言う感じでもなかったので移動することに。

困ったときの長浜港

帰りの事も考えて、北周りで湖東方面へ。 途中トイレ休憩で飯浦や南浜漁港とかものぞいて見たんですが、 いずれも人っ子一人なし。 さすがにこうもいないとやっぱり釣れないのかなぁと思って、 時間もないので通りすごしてしまう。
で、たどり着くのはやっぱり長浜港。 しかしここもいつもなら大突堤にびっしり のはずが、まぁぽつぽつ程度。

とりあえずせっかくのやりたい放題なんで、 まずはスピナーを投げまくり。 そのあと観光船乗り場付近に移動して、今度はラバジを引きずりまくり。 が、結局ノーバイト。結構いいウィードがあるんだけどなぁ。

最後の砦は彦根旧港

まぁこれだけ人が少ないと、もしかして… と思いながら最後の砦へ。 が、やっぱりここはそれなりにバサーがいました。

どうせ一番奥は浅すぎてだめだろうと思い、 下流の方の彦根城のお堀との合流付近へ。 ひとまず最初はスピナーでササッとやってみたんですが、 やっぱりここはおいしいとこだけ常るに限りそう。 で、ちょっと上の歩道橋の橋脚辺り でやってみることに。
対岸の人が結構なペースで釣っていたので、 これは期待できると思ったんだけど全然当たりなし。 常吉もしばらくやってないからちょっと腕が落ちたのか?

ここはもっと橋脚をタイトに狙って行かねばと思い、 ちょっと風があったのでシンカーを0.9gから1.8gへ。 キャストするとさっきまで流れてたラインが スーッと橋脚に吸い込まれる。どこまでも吸い込まれる。 ぐんぐん吸い込まれる…あれ?
慌ててベイルを戻して竿先を振り上げる。 なんだかあわせ方がまるでヘラ釣りだ(^^ゞ

久々のバスの引きがなんとも嬉しい。しかも思いのほか良い型だ。 この3lbラインをまいたリールを使うのは9月の小野川湖以来だったので、 ドラグがスモールマウス用にゆるゆるになっていた。 これはいかんとリールに手をかけたとたん、ふっと軽くなってしまった。
でもまぁタイトに狙えば楽勝だと思って、気を取り直してキャスト再開。 が、結局これが最初で最後のバイトでした(T-T)
これが生涯最後の琵琶湖バイトだったりして。辛い話しだなぁ…

目次に戻る


K&T Original