×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'04 Report



一覧へ

目次

Fishing Report
釣行レポート
気分はすっかりハルウララ? … 水郷(2月20、28日)

今月頭ぐらいまで結構仕事の方が忙しくて、 とても出かけようという気になれない日々が続いていました。 が、ここに来て仕事の方も落ちついて来たと同時に、先週にははやくも春一番が。 季節はもうすっかり春。 しかもたまたま有給休暇をとった日の天気予報が 「4月上旬の陽気」とあってはもはやじっとしてられない。 はやる気持ちを押さえきれず、いれ込み気味に駆け出しちゃいました。

20日その1 誰かの陰謀か!?

朝8時に起床して、のそのそと出発。 なんか天気予報とはうらはらにうす曇り。なんかいやな予感…
いつものように浮島ICから首都高速へ。ここまでは順調。 が、羽田を過ぎたあたりのトンネルで渋滞につかまる。しかも全然動かん。 交通情報によるとどうやら事故があったらしく、 東関道に入るまでに90分以上もかかるらしい。コラーっ!!

そんなこんなで結局ポイントに着いた時にはすでにお昼前。 しかも案の定というか、空全体が雲に覆われていて寒々しい。というか寒いっ! なんちゅう幸先の悪さ!!

20日その2 冬のユートピアは

居ないはずはない…
と思うんですが
とりあえずこの納得いかない気持ちをおもいっきりぶつけるべく、 去年の秋にいい思いをさせてもらった小堀川に向う。 上流の大倉水門をちょっとチェックした後、 今回本命とにらんでいた一之分目揚排水機場へ。 ここの利根川との合流部は、利根川から見ればいわばワンドのような状態になっていて、 ストラクチャーも豊富だし水深もあるしでこの時期にはぴったりのはず。

まずはミドルクランクで探っていくと、合流点付近は思った以上に水深があって、 これでは底までとどかないことが分かった。 なので1/2ozのバイブレーションに変えて、 底にごつごつ当てながらゆっくりとトレースして行く。 と、すぐさまブルブルッという明らかな生命感が!
残念ながらフッキングには至らなかったけど、 さっきまでこの天候になえぎみだった活性がこれで一気に上がる。 が、スピナベ、ラバジとローテーションして行くもののその後はアタリなし。 もう少し粘ってみる価値もありそうだったんだけど、 まぁ今年の初釣行でもあるんで次へ移動することに。
小見川大橋を渡るついでに一応あのユートピアもチェック。 さすがに冬のポイントではないなと言うのだけ確認して北浦方面へ。

20日その3 メインディッシュはいただき?

釣り方人それぞれ
誰か釣れてもよさそうですが
最後に向かったのは鰐川の左岸、電車のレストランがあるテトラエリア。 大きくカーブする河川のアウトサイドで、水深があってシャローもある。 そしてとどめは雑然と並ぶテトラ。これ以上ない好条件のフルコース。
ここでもクランク、スピナベ、バイブレーションとローテーション。 さすがにメタルジグをやってみたらすぐロストしちゃった(T-T)んで、 ラバジに変えてボトムパンピングしてみたりずる引いてみたり。 とにかく手を変え品を変え攻めてみたんだけど、 結局相方のスピナベに魚かテトラか怪しげなアタリ(?)があったのみ。
ここしかないと思うんだけどなぁ。

28日 今度こそっ

この日は予報も実際の天気もまさにハルウララで気合入りまくり。 高速道路も順調に進んで、今日は久々に東関道の終点、潮来ICで降りる。
真っ先に電車レストランに向かおうと思ったんですが、 この辺に来るとついつい寄ってみてしまうのが前川の温水プール前。 ポイントについてみるとやっぱりここにはバサーの姿が… っていうか思った以上に多い。 舟溜まりからキャストしていると、視界に入るだけで10人近く。 さらに裏の水路にいたっては3、4m間隔でびっしり。 私はいつも船溜まり側しかやらないんだけど、 ここってそんなに釣れるポイントなんだろうか?

まぁ前川はあくまで寄り道なんで、 一通りスピナベを投げ倒したところでいよいよ電車レストランへ。 着いてみるとさすがにここにはバサーは居ない… と思ったのもつかの間、我々がキャストを始めたとたんにぞろぞろと集まりだして、 あっという間に超人気ポイントになってしまった。 なんだ、霞はすっかりベストシーズンなのか?

釣れない時のお約束画像
結局やっぱりこれですか
水温を計ってみると12℃もある。 確かにいつ釣れてもおかしくなさそう…なんだけど、 やっぱりこの日もノーバイト。
地道にテトラの穴釣りをやってる人もいたけど、それもだめみたい。 今日みたいに暖かいと、逆にテトラの中より外なのかも。
それより思いのほか水温も高いんで、川系はバリバリ春なんじゃなかろうか? ってことで、先日とは逆に小見川大橋をわたり、利根川右岸を移動しながら打っていく。
一之分目揚水機場、高速下、鉄橋下。 いずれもノー感じのままたどり着いた建設省スロープでは、 前川以上のバサーの密度にちょっと唖然。
ぐぐっ、「今年は人一倍早くバス釣り始動だぜ」 なんて思っていたのは自分だけか…

この後は水郷大橋を渡って、上流左岸側のテトラエリアで投げまくったんだけどノーバイト。 結局今年は例年と比べて早くも2連敗。このまま100連敗、なんてことはないよね…

目次に戻る


K&T Original