×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Since
July.25.1997

'06 Report



一覧へ

目次

Fishing Report
釣行レポート
私だけ?亀山の甘くない罠 … 亀山湖(10月20日)

天候データ
天気:曇り時々晴れ 風:無 気温:未測定 水温:18.5→20.0℃

色付きはじめた亀山の湖岸
私だけ?
エレキを買ってしまうと、なんだか釣りに行かないと損しているような錯覚に陥ります。 私だけでしょうか?

前回のノーフィッシュがあまりにもショックだったので、 またまた亀山へ。
もはやアホですね…


今日は釣れてる…の?

いつもの亀山大橋
今回ものむらボートハウスさんへ。
準備も手馴れて7時前に出船。 朝はフリース着ても寒い!

いつものように亀山大橋右岸側から上流に向けて流していく。 と、同じように上流から下ってきた方が水揚げ場の前で スピナベにヒット
おっ、今日は活性が高い日か?
しかしライトラバジやクランクなどを交えるも、このストレッチではノーバイト。

続いて白鳥島。
ぱっと見、前回のようなベイトの姿はない。 しかし沖へ移動してみると、水深5、6mから11mぐらいに落ち込むセカンドブレイクまわり の4、5m付近にベイトの影が映る。
ワカサギが深い方に固まりだしたか?

ひとまずダウンショットやらディープクランクやらでブレイク周りを流してみる。 こういう場合、いったいどう釣ったらいいのかがサッパリ分からん…
ところがそんな私を尻目に岸際のどシャローを流していた方が、 ちょうどファーストブレイクに沿って立っている 鉄パイプまわりでヒット
うーむ、なんだか自分が無駄に難しいことに挑んでいる気がしてきた…


ホットスポット…なの?

普通釣れるでしょ…??
一気に上流へ。
最近絶好調とうわさの医院下へ初見参。 案の定、今日出ているボート全部が集結か?というぐらいの賑わいぶりなんだけど、 ちょうど入れ替わり時だったのか、意外にすんなりと最上流部へ。

ここではサンドバーの落ち込みとゴミだまりの絡むいかにもなポイントから、 さらにゴミをかき分け、誰もやらんだろうという奥の奥までテキサスやスイムベイトでチェック。 が、まったく生命感なし。

しかし戻りながら岸際を流していると、 相方のスイムベイトにチェイス。 そして目の前でバイト!
しかしのらず、すかさずフォローを入れても音沙汰なし。
確かに雰囲気ありありの医院下、しかしそう甘くはなかった。

ここで早くも午前の部が終了。ホントに1日は24時間あるんだろうか…


どうすりゃいいの?

午後イチまずは先週50UPが出たというボート屋下流の三石橋下へ。 が、何も起こらず。流れ込みも枯れてる?
一応対岸の旧道跡とかもチェックしてみたんだけど、ベイトの反応も薄くいまいち。 午後はTシャツでもいいぐらい朝とは寒暖の差があって、 この辺りは軽くターンを起こしている感じ。 結局また急いで上流へ。

やっぱり白鳥島。 どうもここは気になる。
特に上流側のブレイクはハードボトムとが絡んで 明らかにベイトがたまっている。
が、この状況を釣りきるテクがないというか、 何をやっても全然釣れそうな気配がない。 今思えばいっそのことアイスジグでも試してみればよかったか?


やっぱりピンチ?

残り時間少なくなってきたところで、まだ入ったことのない猪川の筋へ。
えらいゴミがたまっていて一瞬進むのに躊躇するほどだったんだけど、 手付かずの魚を求め、オール片手に流木をかき分けながら奥へ。

ここでもスイムベイトでゴミの上を通していく。 今にも水面を割って出てきてもよさそうなんだけど、再三言いますがそうは甘くない。

ヤッタ、ヤッタョ!!

ヘアピンを曲がると、さらにその先もずっとゴミだらけなので、あきらめて戻りはじめることに。 が、アウトサイド側の一部だけゴミのない場所があったので、 そこにあったレイダウンの先にスモールラバジをキャスト。 すると少し沈ませてワンアクション入れたところで遂に来た!
慎重にやり取りして上がってきたのは、 40にはちょっと足りなかったけど丸々太った綺麗なバス。
苦労して、苦労して、3度目にしてようやく良いのが釣れましたよ!!


まとめ

相方と私の数少ないバイトシーンから想像するに、 バスはストラクチャーでも比較的沖目 に付いていたのかなという感じです。 先週に比べてだいぶ濁りも取れてきたので、 逆に岸際に付いてるバスが減ったのかもしれません。
また、ワカサギが少々深いほうに動き出したようで、 浅いレンジにいるオイカワとはばらけてベイトのレンジが絞りにくい状況でもあります。
いっそのことまた雨でも降って濁りが入るか、 水温が下がってベイトが深いほうで固まってくれた方が、 かえって釣りやすくなるかもしれません。

後になって週末の釣果情報を確認したところ、 ワカサギパターンが炸裂してかなり釣れていたようです。 でもワカサギパターンって具体的にどんな釣り方するんでしょうか? 今度行った時に聞いてみようと思います。

こうやってまた亀山に行っちゃうんでしょうね。 ホントにアホですねぇ、甘くないのにねぇ…

本日の釣果
場所 ルアー サイズ
鳳将正木スモラバ(ピンク)+シャッドテール(白)39cm 1本


K&T Original